HOME>自主調査一覧


自主調査

■2010年1月5日 電車内広告の広告効果に関する実態調査(2)〜電車内広告によるアクション率が7割のケースは?〜〜電車内広告を具体的に記憶している人はどんな人?〜


ネットエイジアリサーチ
電車内広告の広告効果に関する実態調査(2)
〜電車内広告によるアクション率が7割のケースは?〜
〜電車内広告を具体的に記憶している人はどんな人?〜
 モバイルリサーチを展開するネットエイジア株式会社(本社/東京都港区、代表取締役:三清 慎一郎、以下ネットエイジア)は、「電車内広告の広告効果に関する実態」についてのアンケートをモバイルリサーチ(携帯電話によるインターネットリサーチ)により実施し、一都三県(東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県)在住で、週1回以上「JR山手線」「JR中央線」「東京メトロ銀座線」のいずれかの電車に乗る「20歳〜49歳」の男女1146名の携帯電話ユーザーの回答を集計いたしました。
 今後もネットエイジアでは、世の中の関心が高いテーマの調査、今後のトレンドを占える調査など、マーケティングシーンで役立つさまざまな情報をモバイルリサーチによりタイムリーに提供してまいります。


ネットエイジアリサーチ調査結果>

11月30日(月)から12月2日(水)までの期間中に、「JR山手線」「JR中央線」「東京メトロ銀座線」の電車内で見かけた広告のうち、最も印象に残っているものを自由回答形式で聞いたところ、1146名のうち49.7%の回答者が「具体的な商品名、ブランド」を挙げ、31.2%の回答者が「(「ガムの広告」「週刊誌の中吊り」、「携帯の広告」などの)抽象的な表現」を記入、19.1%の回答者が「わからない・覚えていない」と答えた。これらの回答者を『具体的』『抽象的』『否定的』の3つのグループに分けて以後解析を行った。また「具体的な商品名」を挙げた570名のうち27.9%にあたる159名が「駅の売店やコンビニなどで購入できる具体的な商品名」を挙げており、これを『すぐ買える物』グループ、残りすべての回答者987名を『その他』グループとして以後解析を行った。

◆ 電車内広告によるアクション率が7割のケースは?
 回答者全員に、「期間中に最も印象に残っている電車内広告によって、どのような行動をとったか」を複数回答形式で聞いてみたところ、全体では「特に何もしようと思わなかった(しなかった)」の46.0%を除くと、「商品をお店に見に行こうと思った(見に行った)」が21.0%で最も多かった。以下、「商品を買おうと思った(買った)」が16.3%、「商品をPCのネットで調べようと思った(調べた)」が9.4%、「商品について誰かに話そうと思った(話した)」が8.5%と続く。グループ別では『すぐ買える物』を挙げたグループでは、「商品をお店に見に行こうと思った(見に行った)」が35.2%で全体よりも14.2ポイント高く、「商品を買おうと思った(買った)」が26.4%で全体よりも10.1ポイント高いという結果になった。またこのグループでは「特に何もしようと思わなかった(しなかった)」が29.6%で全体よりも16.4ポイント低く、「駅の売店やコンビニなどで購入できる具体的な商品名」を挙げた回答者の7割が何らかのアクションを行っているという結果になった。

◆ 電車内広告を具体的に記憶している人はどんな人?
 一般的な広告について、「自分にとってメリットのある広告は積極的に接触したいか」という質問を単一回答形式で聞いたところ、全体では「あてはまる」が36.1%、「ややあてはまる」が47.0%で合わせて83.1%の回答者が「あてはまる(計)」と答えた。性年代別で比較すると、40代女性で「あてはまる(計)」と答えた回答者は全体よりも6.8ポイント高い89.9%であった。また、最も印象に残っている広告別で比較したところ、『具体的』グループの「あてはまる(計)」は86.0%であったのに対し、『否定的』グループの「あてはまる(計)」は全体よりも9.6ポイント低い73.5%であった。
 続いて「あなたは流行に敏感ですか」という質問を単一回答形式で聞いたところ、全体では「あてはまる」が10.4%、「ややあてはまる」が42.1%で合わせて52.5%の回答者が「あてはまる(計)」と答えた。最も印象に残っている広告別で比較したところ、『具体的』グループの「あてはまる(計)」は55.3%であったのに対し、『否定的』グループの「あてはまる(計)」は44.7%と、両者に10ポイント以上の大きな差がみられた。また、『すぐ買える物』グループでは「あてはまる(計)」が58.5%と全体よりも6.0ポイント高かった。

 電車内の車内広告全般について「親しみが持ちやすいか」を単一回答形式で聞いたところ、全体では64.4%の回答者が「あてはまる(計)」と答えた(「あてはまる」の17.5%と「ややあてはまる」の46.9%の合計)。性年代別で比較すると、男性女性ともに年代が上がるほど「あてはまる(計)」と答えた割合が高く、40代女性においては全体よりも19.9ポイント高い84.3%の回答者が「あてはまる(計)」と答えた。また、最も印象に残っている広告別で比較したところ、「あてはまる(計)」は『具体的』グループが全体よりも4.3ポイント高い68.7%であるのに対し、『否定的』グループでは全体よりも14.6ポイントも低い49.8%であった。
 続いて、「車内広告はわかりやすい・理解しやすいか」を単一回答形式で聞いたところ、全体では63.7%の回答者が「あてはまる(計)」と答えた(「あてはまる」の14.6%と「ややあてはまる」の49.1%の合計)。性年代別で比較すると、こちらも男女ともに年代が上がるにつれて「あてはまる(計)」と答えた割合が高く、40代女性においては全体よりも13.8ポイント高い77.5%の回答者が「あてはまる(計)」と答えた。また、最も印象に残っている広告別で比較したところ、「あてはまる(計)」は『具体的』グループが全体よりも5.1ポイント高い68.8%であるのに対し、『否定的』グループでは全体よりも19.4ポイントも低い44.3%であった。



□ 調査概要(クローズド調査)
○ 調査対象・・・ 週1回以上「JR山手線」「JR中央線」「東京メトロ銀座線」のいずれかの電車に乗る20歳〜49歳のケータイユーザー
○ 調査地域・・・ 一都三県(東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県)在住
○ 調査期間・・・ 12月2日〜12月16日
○ 回答サンプル数・・・ 1,146名
回答者キャリア内訳:NTTドコモ 59.2%、au 31.0%、ソフトバンク 9.8%
○ 調査方法・・・ モバイルリサーチ(3キャリア)

□ 調査内容
  • 11/30(月)〜12/2(水)の期間中に対象路線で見た車内広告のうち、最も印象に残ったのは?
  • 最も印象に残っている広告によって、どのような行動をとりましたか?
  • ケータイ・PCのWebページ上の広告をクリックすることがありますか?
  • 自分にとってメリットのある広告は積極的に接触したいですか?
  • 流行に敏感な方ですか?
  • モノを買うときは衝動買いが多いですか?
  • 新商品などは試してみたくなりますか?
  • 電車内広告は、無意識のうちに見てしまいますか?
  • 電車内広告は、親しみを持ちやすいですか?
  • 電車内広告は、わかりやすい・理解しやすいと思いますか?
  • 電車内広告は、覚えやすい・印象に残ると思いますか?


 本件についてのお問い合わせ

■ネットエイジア株式会社 マーケティング事業本部 担当:山名(ヤマナ)
http://www.mobile-research.jp/
Tel: 03-3552-8041   Fax: 03-3552-8042  email: mobile-press@netasia.co.jp

マーケッター・リサーチャーのためのメールマガジン
「モバイルトレンドマガジン」発行中〜マーケティングにおけるモバイル活用最新情報〜
メールマガジン申込


■ ネットエイジア株式会社について
【社名】ネットエイジア株式会社
【所在地】東京都中央区新川一丁目27番8号 新川大原ビル7階
【代表者】代表取締役 三清 慎一郎
【設立年月】2005年2月
【資本金】3億872万円
【事業内容】モバイルリサーチ事業
インターネットメディア事業
システムソリューション事業
【URL】http://www.netasia.co.jp/




 調査結果一部抜粋

◆11/30(月)〜12/2(水)の期間中に見た電車内広告のうち、最も印象に残っているもの。
 【自由回答形式】

11/30(月)〜12/2(水)の期間中に見た電車内広告のうち、最も印象に残っているもの。

※『週刊誌』は雑誌名が記載されていない回答を集計。
 『缶コーヒー』や『大学の広告』なども、固有名詞が記載された回答は含まない。



◆最も印象に残っている広告によって、どのような行動をとりましたか?
 【複数回答形式】

最も印象に残っている広告によって、どのような行動をとりましたか?


◆自分にとってメリットのある広告は積極的に接触したい。
 【単一回答形式】

自分にとってメリットのある広告は積極的に接触したい。


◆流行には敏感である。
 【単一回答形式】

流行には敏感である。


◆(電車内広告全般について)親しみが持ちやすい。
 【単一回答形式】

(電車内広告全般について)親しみが持ちやすい。


◆(電車内広告全般について)わかりやすい・理解しやすい。
 【単一回答形式】

(電車内広告全般について)わかりやすい・理解しやすい。




自主調査一覧

ビジネスウーマンのポイント活用に関する調査2017

2017/1 リリース

国際平和に関する調査2016

2016/9 リリース

ビジネスパーソンの旅のテクニックに関する調査2016

2016/7 リリース

ビジネスウーマンのポイント活用に関する調査2016

2016/1 リリース

写真館・フォトスタジオに関する調査

2015/10 リリース

ビジネスパーソンの旅のテクニックに関する調査2015

2015/7 リリース

ビジネスウーマンのポイント活用に関する調査2015

2015/2 リリース

栄養ドリンク・エナジードリンクに関する調査2014

2014/9 リリース

大学選びに関する調査2014

2014/7 リリース

ビジネスパーソンの旅のテクニックに関する調査

2014/7 リリース

テレビとソーシャルメディアの関係性

2013/4 リリース

1都3県在住者の東日本大震災時の行動とふりかえり

2013/3 リリース

ブロガー・SNS利用者の「対人距離感」

2011/11 リリース

国際平和に関する調査2011

2011/8 リリース

25歳以下における「結婚願望・将来の結婚相手選び」の意識調査

2011/8 リリース

NHK大河ドラマ『平清盛』に関する意識調査

2011/7 リリース


新着メールお知らせ登録

新しい調査のリリースをメールにてお知らせするサービスを実施しております。是非お申し込みください。

自主調査新着メールのお申込みはこちらから